2012/11/25

セローのオイルクーラー取り出し口を作る

長距離を走ってるとエンジンの回り方がガサツになってくるので
そうだ、オイルクーラーをつけようと思い立った。

当然こんなものに金をかける気などないので自分で作る。

取り出し口はフィルターのカバーを加工するとして
オイルクーラー本体はどうしようか。
既製品のいかにも改造してます、という感じがイヤなので
エンジンガード裏にオイル通路を這わせてオイルを冷却することにする。
人間でいうとヒジにキンタマを移植するくらい愚かな改造だ。
たぶんつけないほうがマシなくらいしか効果はない。

でもやるんだよ!

アルミをくっつけるのでストレートでアルミロウを買ってくる。
これは300度くらいで溶けるので若干作業しやすいらしい。

作業中の写真など当然ないのでいきなり完成した。
ひどい。 こけたら一発でもげるな。



 次はエンジンガードに6ミリのアルミパイプをくっつける。
アルミパイプを曲げるのに難儀するが、ばあちゃんが
「塩をつめて加熱して曲げろ」と教えてくれたのでなんとかできた。
ちなみに砂を詰めると取り出しにえらく苦労するので不可。




バーナーの熱量が足りないのでうまくつきません。
もう少し強力なバーナーを入手するまで封印。







最新の投稿

プクサを採りに行く

春なので道北のウコチャヌプコロ川(秘匿名称)にプクサを取りに行った。アイヌのグルメ漫画がヒットしてるので今年はプクサ争奪が激しくなるから一番乗りしようというさもしい魂胆からの行動である。  U川には当然ながら熊が出るので熊対策も完全だ。熊スプレーに100均のピストルだ。...