ページ

2017/05/03

カヤック進水式

釣り用にカヤックを買ったので進水式をしてきた。
カヤックの候補は有名なショップで探していたのだが欲しい機種は売り切れ、今期の入荷なしになっていた。 そこでヤフオクのやっすいカヤックが気になっていたのだが、どうみても中華製のパチモンでどうなのか悩んでいたところ、頭の中にレヴィが登場して「こういうのはな、浮いて漕げりゃいいんだよ」とアドバイスをくれたので購入に踏み切った。

引き取ってきたカヤックをつぶさに観察すると、エッジはヘロヘロでどんな金型で作ったのか心配になる感じだが、遠目に見るとちゃんと舟の形をしているのでよしとしよう。

初カヤックの場所だが、湖畔のキャンプ場が営業を開始するというので片道6時間かけて行ってきた。

 自分が今年第一号のお客らしい。素晴らしい。

 
テントを設営して…


いざ出撃! 湖はまだ氷がプカプカしていて落ちたらたぶん死ぬ。これは慎重にならざるを得ない。


ちゃんと浮く!漕いだら進む!中華製なのに爆発しない! これはいいかもしれない。 履物がなんかぶち叩かれそうなものだけど気にしないように。


湖面からキャンプ地を見る。カヤックはなかなか楽しいかもしれん。唯一気になるのが漕いだ時にケツがぶりぶり振れることだ。長さが足りないから仕方ないのかも。速度が出てケツも振れない4m級のも検討したがどうしても車からはみ出るので却下した。3.5mのサイズがあればよかったのだがみんな売り切れだった。

地図で地獄と書かれていた場所に上陸してみた。湯気が地面から出てるくらいであまり地獄感はしない。地獄というからにはもっとトゲだらけでドクロとか転がっていないと。

この後、漂流しながら釣りを開始したところ40オーバーの真っ赤なニジマスが釣れたけれど、写真を撮ろうと手間取っているうちに膝の上をのたくって逃げられてしまった。 不幸なのか幸先がいいのかわからんがいかにも自分らしい出来事なのでよしとしよう。

ああ…次は海だ…


最新の投稿

阿寒金山に行く

釣りに来たついでに阿寒金山跡を探してみた。とっくの昔に操業をやめているはずだがなにかしら痕跡は残ってるだろう。 この周辺には阿寒鉱山、当別鉱山の二つがあるという。まずは阿寒鉱山から探すことにする。 ここには400メートル坑、430メートル坑、460メートル坑の三つがあ...